「医学部生」の留年が急増している!?

医学部

医学部の人気が沸騰していますね|д゚)

今年の医学部志願者数は14万3176人(国公立、私立大学合計)と10年前より4割近く増えました

大学の定員数に対する志願倍率は15.2倍

82ある大学の中で、一番偏差値が低い大学は60前後(駿台予備学校のAランク判定)だが、それでも「母集団のレベルが高く早慶の理工学部並み」(予備校関係者)。

そんな超狭き門の医学部だが、“出る”のも大変になっていることはあまり知られていない

 

 

6年でストレート合格の学生は年々減っている

国内の大学医学部は6年制なので、現役合格すれば18歳で入学し、24歳で医師資格を取得して卒業をするのが最短ルート。

ところが、都内のある私立大医学部の教育センター担当者は「6年でストレート合格の学生は年々減っている」と明かす。

実はいま、医学部生の留年者数が増加していることが、大学関係者の悩みの種となっている。

全国医学部長病院長会議の調査によると…

集計が取れる全53大学の1年生次の留年者数は2015年度で260人。

2008年度からの医学部定員数増の影響を控除した補正留年増加率で見ても、定員増前の1.63倍と急増しているのだ。

 

そこで、50人超の現役医学生にアンケートを実施し、普段あまり聞くことのない医学部生たちの本音を集めた。

都内のあるマンモス私立大学の医学部6年生は

2年生から3年生に進級する時に10人〜20人留年する

それ以外は5人程度。

留年の増加理由は、臨床科目や実習が前倒しになっていて、入学すぐに猛勉強をしなければならなくなったから。

医者も人間なので遊ばせてあげてください。」と話す。

中部地方にある地方国立大学の5年生は

同期では2年次に15人、3年次に数人、4年次に10人近く留年してしまった。講義に沿わない理不尽なテストもあり苦戦することも多い」

医学部の定員数は国によって制限されており、どの大学も1学年100~120人程度。

10人留年すれば留年率は1割と他学部と比べて高い。

私立最難関大学の医学部は「毎年3~4人で音楽活動をしている人ぐらい」だが、学費が高いことで知られる都内のある私立大学では、「2年次だけで毎年30~40人がダブる」と深刻だ。

 

 

医学部は1つでも必修科目を落とすと留年になるなど、他学部と比べて進級条件が厳しい。

特に2年次になると解剖学や生理学など膨大な情報量の基礎医学の講義が朝から夕方まで毎日入り、脱落者が多く出てくる。

ただ、こうした厳しい進級条件は今に始まった話ではない。

医学部人気の過熱で、日本中の優秀な頭脳が医学部に集まっているはずなのに、なぜ留年者数が増えているのか。

理由の一つは、少子化により18歳人口が減っているにもかかわらず、2007年まで7625人だった医学部の定員が、この10年間で9420人に拡大されてきたことだ。

医学部志望者数が増えて偏差値は上がっていても「全体の学生のレベルは若干落ちている」という見方が大学関係者からあがる。

 

 

医師には強い目的意識や生涯学ぶ気概が必要なのに…

また、近年過熱する医学部受験人気の弊害も指摘されている。

東京慈恵会医科大学・教育センター長の福島統教授は「医者になるには本来強い目的意識や年々新しく出る症例などを生涯学ぼうという気概が必要。高い偏差値で手に職をつけようと入学した学生にはギャップが生じやすい」と話す。

医学部の志望者数は景気の波に左右される。

2008年のリーマンショック以降、安定して働ける資格職、中でも高年収の医者人気は上がった。相次ぐ私大医学部の学費の値下げも重なり、志望者数はこの10年間で4割近く増えた一方、本誌が現役医学部生に取ったアンケート結果では、留年する医学部生の特徴として「そもそも医者の仕事に興味がない」「医学部合格が目的で燃え尽きて、大学に来なくなった」というミスマッチをあげる声が出ている。

基礎医学が始まり専門課程に移行する2年次のほか、医学知識評価の共用試験(CBT)、客観的臨床能力試験(OSCE)を受けなければいけない4年次が留年生を量産する鬼門の学年。

さらには、6年次に受験する医師国家試験も一般に「9割合格」といわれるが、実態は大学毎に合格率はまだら模様。

実質的な合格率が6割の大学もあった。

留年を1回も経験せずに国家試験を一発合格するストレート合格比率は2015年3月卒業者が84.2%で、5年前の87%から年々低下している(「医学教育カリキュラムの現状2015」)。

だが、これも大学ごとに大きな差がある。

「留年数を開示していない一部の大学では、卒業までに平均10年、よくて8~9年かかるのが実態になっている」(私立大医学部教授)。

私立大医学部の年間の学費は平均500万円程度。

留年や国家試験の落第は笑いごとでは済まないケースもある。

医学部に進んだ学生とその親だけが知る、険しい医者への道のりである。

 

 

 

 

参考サイト

高偏差値「医学生」の留年が急増している理由

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)