酉年雑学!2017年はどんな年?

◆酉年について

十二支の十番目。

「酉」は、「とり」と読みますが、実際には「にわとり」のことです。

「酉」という漢字は酒つぼを描いたもので、「酒」に関する字に使われてきました。

収穫した作物から酒を抽出するという意味や、収穫できる状態であることから「実る」ということも表します。

そのことから、果実が成熟した状態を表しているとされています。

「とり→とりこむ」で、商売に繋がるとされています。

相場の格言としては「辰巳天井、午尻下がり、未は辛抱、申酉騒ぐ」といわれており、騒がしく申年に引き続き活発な商いになるようです。

 

◆酉が十二支の10番目になった理由は?

酉(とり)の由来は、神様へ新年のご挨拶に向かった十二支の動物の内、猿と犬の喧嘩を仲裁する為に、猿と犬に挟まれた10番目の干支になったんだそうです。

酉だけに仲をとり持つ・・・(”ω”)

そしてよく見てください、この三匹。

◆猿・鳥(雉)・犬、と言えば…桃太郎の家来!

桃太郎というお話しは、干支をモチーフに作られています。

猿・雉・犬は干支の方位で「申・酉・戌」となり、鬼門(丑寅)と対峙する方向。

鬼門(きもん)とは、北東(艮=うしとら:丑と寅の間)の方位のことで、陰陽道では鬼が出入りする方角であるとされています。

そして、子どもの頃よく見た鬼の姿をイメージしてください。

牛のような2本のツノに、虎柄のパンツ!

というわけで、対峙する方角のこの3匹が鬼退治の象徴として用いられたのです。

◆2017年はどんな年?

 

「干支」の支、これは「十二支」の支ですね。

では「干支」の「干」は何なのか?

それは十二支とはまた別に「十干(じっかん)」というものがあるのです。

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸。これが十干です。

「十干」は、これを毎年順番に繰り返しています。

免許などで使われることもあるため、知ってる並びな部分もありますね♪

 

◆2017年は4番目の丁(ひのと)

 

つまり、干支は十干と十二支を組み合わせたものなので、

2017年はただの酉年ではなくて、「丁酉(ひのととり)」の年と言った方が正確です!

#丁酉を「五行」で見てみると!!

 

五行説(ごぎょうせつ)とは、古代中国に端を発する自然哲学の思想。万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説。占いなどいろいろな分野で使用される。

 

丁という字は「ひのと」と読み、「火の弟」とも書きます。

火の性質を持っていると考えるのが五行から見た「丁」なんです。

一方、酉年は五行であてはめると「金」にあたるのです。

 

#つまり2017年は、金と火の組み合わせ!

火と金を合わせると、火が金を溶かしてしまいます。

これを火が金を剋(こく)すると言います。

そしてこのような両者の関係を「相剋(そうこく)」と言います。

どちらかが勝ってしまうという相性の相剋は順調ではないことを意味します(/ω\)

 え~良くないの~!?(/ω\)

 

#「丁」は充実して伸び盛り、「酉」は完熟という意味!

 

このふたつ、矛盾を感じてしまう組み合わせなんです。

つまり、2017年は頭ではもっと前に進みたくても、体がついていかないということが起こるかもっていう組み合わせ。

 

#前回「丁酉(ひのととり)」だった年は1957年、なんと60年前!

1957年の出来事・・・

  • ソ連が世界初の人工衛星打ち上げに成功
  • 初の臨界、原子の火ともる
  • トヨタが自動車をアメリカへ輸出、日産がスポーツカーの発売
  • そごうが東京の有楽町に進出
  • 主婦の店ダイエーの開店

など、宇宙開発、エネルギー、企業の海外展開など、とても発展的な動きの多い年だった!

 

すごい!じゃあ2017年も安心(*’▽’)!?

 

・・・と言いたいところですが、キーワードだけを拾うと、

ソ連は解体、原子力は東日本大震災をきっかけに予想もしていなかった状況に。

自動車輸出も貿易摩擦に発展。日産は経営危機に陥り、そごうも倒産、ダイエーも経営危機に…。

 

◆2017年はどう過ごせばいい?

 

#1957年から学ぶ、乗り切りのヒント。

1つは、長嶋茂雄さんが巨人に入団したこと。

野球は日本のプロ野球は元気がないとは言っても、イチローや高校野球が大きく話題になることもあり、人気のあるスポーツに間違いありません。

もう1つは当時すでに人気のあったプロレスラーの力道山が後楽園で日本初の世界選手権を行い、海外のルーテーズと対戦したこと。

これは巨人にとって、プロレス界にとって見れば、外部の力の活用なんですよね。

#今までの自分の力で拡大させるのではなくて、外部の力をうまく利用する!

たとえば・・・

  • 趣味をもっと発展させるために、プロの人に教えてもらう!
  • 部活が上手くいかないから、習い事としても外部に習ってみる!
  • 学校の先生以外で、受験のアドバイザーの人に相談をしてみる!
  • 学校の授業で伸び悩んでるから、塾通いに挑戦してみる!

などでしょうか?(下ふたつは、どうぞこちらへ♡(笑)→公式HP

 

◆信じるか信じないかはアナタ次第です。

※この方と今回のお話しは無関係ですよ!(笑)

このように、1957年に大きな決断のもとに実行されたような動きが、後々時代に合わなくなっていることも特徴!

順調で実力も確かにある。そして、もっと前進しようという気持ちがある。

何かを決定するならば、熟考したり、相談したりと慎重に決めるのが良さそうですね!

 

何はともあれ、2017年も頑張りましょう!!

がんばれ、受験生たち~っ!!!!

参考・引用:2017年はどんな年?干支の丁酉(ひのととり)は革命の年だけど慎重に!/hotdoglab
↑今日の専門的なおはなしの内容は、こちらにもっと詳しく書かれています♪興味のある方は読んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)