人事部が学生に「学校」と「会社」の評価のちがいについてホントのところを説明した。

ある企業のインターンを見た。

人事と現場の人がかなり熱心にインターンプログラムを作っていたので、「仕事の実態」が学べたと、学生さんも満足度が高いようだった。

 

その最後の交流会のとき、参加者の一人が人事の人に聞いていた。

素朴な疑問だった。

 

業務内容はなんとなくイメージが付くんですけど、まだ働きはじめる実感がわかないんですよね。特に人事とか評価については想像がつきません。

やったことが、どうやって評価されるんでしょう?なんかキレイ事はたくさん聞くんですけど、ぶっちゃけどうなのか、って思います。

 

 

人事の人はしばらく考えていた。

 

 

そうですね……。ぶっちゃけて言うと学校における評価とはかなりちがいます。たしかにキレイではない話ですが……、話して良いんですか?

 

学生たちは頷いた。

 

まず根本的に違うのが「成績」から「貢献度」になること。

 

成績は勉強さえすれば一人でも上げられます。でも貢献度は「成果」をまわりが「認めて」初めて貢献したとみなされます。自分だけでは評価を上げられません。これが一番のちがいです。

ちなみに、貢献度が低い人には普通、あまり発言権がありません。

多分「何を生意気言ってんだこいつ」って思われます。何か言いたいなら、実績を作るしかない。「発言力は、貢献度に比例する」ですね。

 

二つ目のちがいが、「公平」から「不公平」ですかね。

 

先生は生徒を一応公平に見ますよね。でも、会社の人は基本的に自分にメリットのあることしかしません。

「こいつには高評価を与えよう」という動機は上司にメリットがあるからです。要するに「上司であるオレの役に立つかどうか、オレが気に入るかどうか」で評価が決まります。

逆に、こいつは教えてもダメだな、と思われたら、放置されるでしょうね。人って、冷たいんですよ。人事をやっていてよく分かるんですが、所詮みんな、自分にしか興味が無いのです。

 

 

三つ目のちがいが、「評価軸が一つで分かりやすい」から、「評価軸が複数で、わかりにくい」

 

学校や受験は、テストの成績が全てですし、何をすれば評価されるか分かりやすかったですよね。

でも、会社はちがいます。評価軸は明示されているものもありますが、暗黙のものも数多くあります。また「何をすれば評価されるか」は普通、教えてもらえません。

はっきり言えば「なんとなく」で判断されることがとても多くなります。

「何をすれば評価されるか教えて下さい」なんて言ったら、上司に「面倒な奴」を思われるのがオチです。

 

四つ目のちがいが、「ルールを守る人の評価が高い」から、「ルールを作る人の評価が高い」

 

学校はルールを守る人が褒められたと思いますが、会社は「皆が納得できるルールを作ることのできる人が偉い」です。

ようするに、言われたことに従うだけではなく、上司も含めてうまく人を動かす事のできる人になりなさい、ってことです。

 

 

最後のちがいは、「短期評価」「長期評価」ですかね。

学校はせいぜい3年、長くても6年ですが、会社は3年経ってようやく独り立ちというレベルです。

なんといっても働く期間は30年、40年ですからね。皆さんはようやくスタートラインに立ったに過ぎません。

 

そういう意味では、学歴なんて所詮は入り口がちょっと違う、という程度です。皆さんが思っているほど、学歴は大した差ではありません。

本当に差がつくのはこれからなんですよ。

 

出典・引用:Books&Apps

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)